01 | 2008/02 | 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の練習予定 

 1(
 2() PM3:00~
 3(月)
 4(火) PM6:30~
 5(水) 
 6(木)
 7(金) PM6:30~
 8() JOCジュニア大会 (東京) 2名参加
 9() 高槻市大会 (高槻市) 31名参加
      JOCジュニア大会
10(月)
11(火) PM6:30~
12(水)
13(木)
14(金) PM6:30~
15(
16() 吹田市民大会(中学生~成人)当日受付
      PM3:00~
17(月)
18(火) 体育館休館日
19(水)
20(木)
21(金) PM6:30~
22() 中部日本大会 (静岡県焼津) 12名参加
23() 中部日本大会
      PM3:00~
24(月)
25(火) PM6:30~
26(水)  
27(木)  
28(金) PM6:30~  
29()  
30() 中日本中学生大会 (いなべ) 4名参加
      PM3:00~
31(月)

※強化練習・・・木田小体育館使用不可の為、3月の強化練習はありません。

スポーツ保険加入依頼書を後日配布します。
スポンサーサイト

合同練習おつかれさま 

先日の2月11日に四日市ジュニアさんと和歌山のレスリングクラブさんと合同練習をしました。
ありがとうございました

久々の合同練習です。
エンジョイでの合同練習はホント久々。
10時開始でしたが9時からマットを敷き出して、気付けば…始動
マットの用意が出来れば即練習…体に叩き込まれた習慣なんだろうね
一足お先にウォーミングアップしながらお出迎え…。

PICT0009-1.jpgPICT0008-1.jpgPICT0011-1.jpg

マット運動とかしてスパーリング中心の練習。
ちょっぴり試合形式も取り込みながら
あっという間の一日でした。
また機会があれば、合同練習したいですねぇ~!

2月の練習予定 

 1(金) PM6:30~
 2(
 3() PM3:00~
 4(月) 強化練習
 5(火) PM6:30~
 6(水)
 7(木)
 8(金) PM6:30~
 9(
10() PM3:00~
11() 合同練習
12(火) PM6:30~
13(水)
14(木)
15(金) PM6:30~
16(
17() PM3:00~
18(月) 強化練習
19(火) 体育館休館日
20(水)
21(木)
22(金) PM6:30~
23() 
24() PM3:00~
25(月) 強化練習
26(火) PM6:30~
27(水)
28(木)
29(金) PM6:30~
30(


※強化練習・・・小学5年~中学生のみ、木田小にて

今後の予定
3/9(日)高槻市大会(高槻市)
3/22(土)~23(日) 中部日本大会(静岡県焼津市)
4/4(金)~6(日) クイーンズカップ(東京都駒沢体育館)

2月11日(月)に、四日市ジュニアレスリングさんと寝屋川市民体育館で合同練習をします
すごくいい機会だと思いますエンジョイメンバー全員参加しましょう

【結果】幼年大会 

幼年大会
平成20年1月27日() 吹田・武道館


西田 衛人・・・ 優勝

濱本 心聞・・・ 優勝

屶網 瑠夏・・・ 優勝

渕口 達矢・・・ 一回戦敗

清水 公生・・・ 2位

千坂 歌 ・・・ 一回戦敗

体力づくり① 

家庭で、しかも道具もいらない体力づくりを紹介します。
上半身、コア(腹部)、下半身と、体全体をカバーする「3大トレーニング」。
『腕立て伏せ』、『腹筋』、『背筋』。
この3つを日々行うことで、効果は絶大、立派な体力づくりになります。

しかし正しいフォームでしないと違う所を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう

第1弾として

『腕立て伏せ』

正しいフォーム
1.両腕を肩幅に広げてひじを伸ばし、背すじを真直ぐにする。
2.脇を締めひじを90度に曲げる。
3.この姿勢を崩さないように元の姿勢に戻る。これを回数を決めて繰り返す。

腕立て伏せは、主に上腕三頭筋(二の腕、力こぶの出来る反対側)・
大胸筋(胸の筋肉)・三角筋(肩の筋肉)が鍛えられます


間違ったフォーム
開始姿勢の時にお尻が上がる。
これは使用部位に効かない上関節に負担がかかるので気をつけよう。

開始姿勢の時に、お尻が下がってる場合は、
無理せずに膝を着いてから行い、慣れてきたら膝を上げた状態で行いましょう。

下に降りた時に肘はほぼ、曲がらずにお尻だけが上下に動く場合
使用部位に効いていない。
身体に一本の芯が通ってるイメージで行いましょう。


udetate-2.jpg上記の正しいフォームが無理な場合
膝をつけて行う。
下がった時に膝から下の足が上がっても構わない。
慣れてきたら通常フォームで


注 意
TVで見かける、数を競う競技の様な、早く何百回もやるやり方は
上半身の筋肉等をちゃんと使ってやらないと、肘や肩に負担がかかり、
故障の原因になるようです。
鍛えたい部位にも効き目が無く負担がかかります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。