06 | 2012/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の練習予定  

 1(水) 
 2(木)  
 3(金) PM6:45~
 4(
 5() PM3:00~
 6(月) 強化練習
 7(火) PM6:45~
 8(水) 
 9(木) 
10(金) PM6:45~
11(
12() 練習休み
13(月) 
14(火) 練習休み
15(水) 
16(木) 
17(金) 練習休み
18(
19() 志賀大会(石川県・幼~中)10名参加
      PM3:00~
20(月) 強化練習
21(火) 体育館休館日のためお休み
22(水) 
23(木) 
24(金) PM6:45~
25(
26() PM3:00~
27(月) 強化練習
28(火) PM6:45~
29(水) 
30(木)
31(金) PM6:45~


今後の大会予定

9/9(日) 寝屋川レスリング大会(寝屋川市・幼~中) 8/10締切

8/11(土)~18(土)練習休み

寝屋川大会の前日準備および当日の運営にご協力いただきますようお願いします。
お手伝い等の役割については、後日連絡します。
スポンサーサイト

R少年の全少日記 

とある選手のお母さんのFacebookへの投稿です

あまりにほほえましく、また感動する内容でしたので、無断ながら転載させていただきます

遠い地で愛する家族を思いながら大舞台で奮闘する歯抜けの息子
愛息の成長のためあえて心を鬼にして単身で死地に送り出した母親の心温まる喜劇です

それではどうぞ。。


昨夜、息子が大会を終えて帰って来ました!

送りだす前にメモを渡し、毎日あった事を書き留めてきてとお願いしました。

息子は、それを「日記」と題し、少しづつ就寝前に綴っていたようです。

*たに山こうちにたべものやにつれていてもらいました。「肉がたくさんなばしょ」

*ローソンに行ってお金があるのに、たに山こうちがおごってくれました。

*かいかい式の時、オリンピックのせんしゅが13人きました。とてもうれしかったです。

*てれほんカードは、50もあったのに、東京は早いのですぐなくなりました。
 とてもさいやくです。今ある数は「43」です。

*もう、し合がおわった人で自分のいえにかえっている人がいました。
 ぼくも早くかえりたいけど、ホテルにとまりたいのでかえりたくありません。
 でも、家族のことは、しんぱいしています。早くかえるのを、たのしみにしています。

*東京のおみやげをかいました。家族みんなたのしみにしててね。


素晴らしい経験をしてのご帰還!チームの皆様~本当にありがとうございました‼

549011_135230303283738_1821965622_n.jpg


今度はケータイ持たせてTwitterさせなあきまへんね。。

このシステムは子供の目線・感じ方っていうのがわかっていいですね。
是非教育委員会でも採用を。。

「家族のことは、しんぱい…」のくだりは感動ですね

「東京のおみやげをかいました」のくだりは20分ぐらいかけて一生懸命探してましたよ。。
で、決めたンは横浜のシューマイだったんで、「カラ出張か!」としっかり怒っときました

とにかく前回の遠征よりたくましくなってましたよ。

まさに
可愛い子には旅をさせよ
獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす
です。。

ほかのメンバーの方も、子供の成長を願うならどんどん遠征行かせまくってください

放送されました! 

7・28(土)朝日放送「見知らぬ関西新発見!みしらん」でエンジョイレスリングクラブが
誇る屶網(なたみ)三姉弟が紹介されました

さらが赤井英和氏にタックル、三代澤アナにがぶり返しを豪快にかましてました
私とのスパーリング風景も流れてましたが、さらを怪我させないようにめっちゃやさしく
相手してましたね

母ちゃんのインタビュー、姉弟を見守るじいちゃんもバッチリ放送されてました

取材当日一番はりきって対応していた池田コーチがまったく映ってなかったのは、
ご本人はさぞご無念でしょうが、この放送を見ていただいたチビッ子たちが一人でも
レスリングに興味を持っていただいたらと思っております。。

朝日放送さん、このたびはこのような貴重な機会を与えていただき本当にありがとうございました。

選手たちの励みになりますのでこれからもどんどん使ってやってくださいませ

【大会レポート】全国少年少女大会(はいてもあらっても最終日) 

全国少年少女レスリング選手権大会

第3日目
平成24年7月24日(火)



やっぱり7時前である。
心配された寝坊組はこの日もおらず何事もなく会場へ出発

DSC_06501.jpg
会場に着くなり『銀』のマスクをかぶった選手。縁起悪いで。昨日の衛人みたいになるで
この男の正体はめっちゃ↓に

最終日はすでに入賞が決まっている8選手が登場
1つでもいい色のメダルを目指し、泣いても笑っても準決勝、決勝を残すのみ
サイゼリヤパワーでレッツエンジョイレスリング!!

DSC_06461.jpgDSC_06481.jpg
今大会最後の全体のアップ。
しかし半数以上が自分の試合が終わっているため、終始流したアップをしている選手が
数人いました
そんな選手に谷山コーチの喝が
「今日から変わらないでいつ変わるんだ!!」

その後は選手ひとりひとりに対して人生相談。いつしか選手の行列が
「次の方どうぞ~」
体力的、技術的なことを教えることが出来る人はたくさんいるが、選手一人ひとりの
性格面や生活面までアドバイスしてくれる人はなかなかいない。
本当にありがたいことです
感謝しろ海星


さて試合。。

初出場で準決勝進出の敬太
緊張度がMAXになったとき泣いて崩れることさえなければ、決勝でライバルの谷口茉輝と
決勝を戦うことも不可能ではない。
試合は相手の首投げをカウンターで投げ返して先制するも、ひたすら投げに徹してくる相手
に気推され失点を重ねる。やっぱり泣いた
しかし、ボロボロに崩れることなく最後まで戦い抜いた。。
敗戦したものの勝てない相手でもなかったし、負けた相手が決勝で茉輝を下して優勝
していることから敬太の実力も全国レベルということが証明されたので、これからは
自信を持って泣かずに最後まで戦う強い気持ちで頑張ってもらいたい
初出場で3位は堂々の結果おめでとう


つづいて朱里人
昨年の初出場時には見守るお母さんが緊張のあまりものすごい形相になっていたが、
今回は姉ちゃんそして、東京で暮らすお父さんも見守ってくれている
持ち前のパワーを生かしたスケールの大きなレスリングを見せてほしいところ
しかし、相手に実力差をまざまざとみせられ敗退。
圧倒的に足りないのはスタミナ。。とにかく走れ
全少初入賞で銅メダルとご褒美の自転車ゲット
スタミナ付けさせるためにサドル没収しとこ


最後の全少となる6年勢は4人が残っている。
まずは健人
昨年2位のこの男。狙うのは当然もう一つ上
前日の1回戦ではフルネルソンやバッティングなどいい意味でらしくない反則をみせるなど、
攻める気持ちが前面に出ていたが今日はどうか。。
試合は気持ちで押され何もできないまま完敗。力の差がはっきり出ていた感じ。。
中学では卓球に専念するとのこと。あと数カ月のキッズレスリング生活に悔いを残さないように
全力で戦いぬいてもらいたい。
とはいえ、全国3位。堂々とメダルを首にかけてディズニーランドに行ってきてもらいたい


そして捷人
ここまで全少では未勝利。
目標は勝ってメダル。しかし、メダルはもう確定している。。
参加賞のメダルではなく勝ち取ったメダルにできるかどうか
捷人の武器は一つ。差してからの投げである。。
試合は前に出て組みつこうとする捷人に対し間合いを測る相手選手のタックルが決まる。
バックからローリング2回→スタンド→タックル→バックからローリング2回→ゲームオーバー
圧倒的に強引さが足りない。
相手が嫌がることを徹底的にやっていかないと自分の流れにならないということを
頭でわかっていても優しすぎるため出来ない。
絶対いじめっ子にはなれないヤツである。。
これで実績としては全少3位というのはのこるだろう。
しかし、胸を張ってこの参加賞のメダルをみんなに見せれるのだろうか?
自分が変わらなければ結果も変わらない。
このことを胸に刻み卒業までのあと数カ月手を抜かず自分をいじめ抜いてほしい。


大城良将(寝屋川青少年)も準決勝に登場
昨日はサイゼリヤで普通の量であったため動きはよさそう。
しかし、試合は前半はワンサイドで攻められまくり
かなりの点差をつけられたまま後半スタート
良将のタックルが決まる。相手も返す。
何回か点の取り合いが繰り返されタイムアップ。。
結局前半の失点が響き敗退
前日の試合もそうだが、性格的なものだろうがスロースターターであるので、
前半は失点だけ抑えれば後半勝負にもちこめば結果は変わるのではないだろうか。
よそのチームの選手におせっかいなアドバイス
これで年長以来の3位。寝屋川青少年代表として立派なお土産をゲットしてくれました

大城監督は積極的にエンジョイ高学年選手のアップにつきあっていただきました
おかげさまでみんな好成績を収めることが出来ました。
本当にありがとうございました


ここからはエンジョイエース格の登場である。

まずは屶網3兄弟の次女瑠夏
エントリー時点で女子のプラス級に出すか、男子の39kg級に出すかかなりの迷いがあったが、
女子プラス級の厳しい道を選択
準決勝までは自分より大きな相手にパワーでねじ伏せ完勝
しかし、決勝の相手はそうはいかない。今年のクイーンズで跳ね返された相手である。
DSC_06601.jpg
ここまで体格差あるうえに低く構えられ懐にも入れず攻めあぐねる瑠夏
動きながら片足タックルを狙うが簡単にがぶられる苦しい展開
瑠夏はがぶられたときに頭を接触。めずらしく「痛ーい」と大泣き
だいぶ精神的に追い込まれていたのだろう。
結局1-0のまま、どう攻めていいかわからず時間切れ。
しかし、私はこの展開はエントリー時点から予想出来ていた。
「プラス級で出るのだから、自分より体の大きな選手とも練習しなさい。
そして、攻め方、点の取り方を決めておきなさい」
常々言ってきたし、でかい選手とやるには、頭もいるということも意識させてきた。
どうもそっちは瑠夏は苦手である。
これからは、ナチュラルパワー(戦力)に頼るだけでなく、戦術戦略といったものが
必要となってくる。
毎日の練習で頭を使うこと。これが今後の課題であるだろう。。
DSC_06681.jpg
全少4連覇とはならなかったが、堂々の2位この悔しさをバネに帰り咲いてや


つづいてはエース心聞の登場
っと準決勝2番前になってセコンドにつくおやじの行方不明が判明
仕方なしに私がセコンド控えに入る。試合直前になってすっきりした顔で戻ってきたおやじ。。
どうやらキバッてたみたいである。息子の試合直前で緊張のあまり
急いで用を足してきたとの事であったのだが、きちんとふけていたのだろうか?
ちゃんと手を洗ったであろうか?なにより流したであろうか??
と、これでウンがついた心聞は準決勝では相手の一本背負いにヒヤリとしながらも快勝
これはいいジンクスかもしれない。。おやじのことをこれから本名の濱本心(しん)ならぬ
濱本ウンと呼ぼう。。
んで、決勝。
DSC_06561.jpg
結果的にはフォールで完勝だったのだが、注文一つ
試合途中接触し、鼻血を出した心聞。当然中断かかるだろうと自己判断し、棒立ちに
そこに相手のタックルがはいるということがあった。
出血したという事実があってもレフリーが時間を止めなければ試合は当然続く。
中断してほしければ、同じく6連覇したチャーミー(有川将史)のように両手でタイムの
アピールをすれば、レフリー、ジャッジは必ず気づくだろう。
心聞が勝ち続けるにはそういった駆け引き的なテクニックが必要となってくるので、
覚えておいてほしい。
試合途中トイレはアキマヘンで
とにかく6連覇の偉業を達成。スゲーぜ心聞


3連覇がかかるさら
夢のために次の進路のためにもここを勝ってエリート合宿に参加しなければならない。
しっかり目標を明確にもっている選手は強いものである。
準決勝では昨年決勝で戦った選手の長い手足に苦しむものの昨年ほどの苦戦はなく
完封で決勝に。
決勝は全く危なげなく相手をコントロールしフォール
DSC_06581.jpg
これで3連覇。エリート合宿への切符を手にし夢に向かって一歩前進
DSC_06591.jpg
6年生の決勝後は優秀選手賞、敢闘賞が贈られる
さらの戦いはこれから。もう一度自分のレスリングを見つめなおして合宿ではいい
パフォーマンスをアピールしてきてほしいものである


最後の締めは横綱白井達也
6年生プラス級ということは、今大会最強レスラー決定戦ということである。
小学生最強レスラー目指し達也はひたすら前に前に。
出番がない初日、2日目も時間を無駄にせず捷人とともに他チームの猛者相手に
アップを申し出る→こちら
準決勝の相手は明らかに柔道経験者。
首をがっちりつかみ崩しにかかる。しかし、普段私や相撲でボコボコにやられている
達也には小学生の力では簡単に崩せない。
首をつかまれてもかまわず前にプレッシャーをかける達也。場外際にくる払い腰などの
投げ技に注意しろというのはすでにインプット済み。
集中力が切れて腰が立ってしまうと投げられていただろうが、この日はしっかり腰をおとし
あわてず前にプレッシャーをかけまくる
完勝といっていいだろう。相手の攻め手を完封した達也の横綱相撲であった。
決勝の相手は八幡の出嶋選手。何度も戦った手の内を知り尽くした相手である。
体格でいえば達也より一回り大きく油断はならない相手である。
P724125511.jpg
試合は達也が前に出て動きまくる展開。
グラウンドでも相手の位置を考えながら技を選択するなど、かなり落ち着いていた。
これまた完勝
P72412581.jpgDSC_0665.jpg
これで5回目の優勝。
昨年度はわんぱく相撲大会と日程がかぶるというアクシデントのため、出場できず
連覇記録が4で途絶えた。
しかし、そんなことどうでもいい達也はマイペースで大人相手に黙々と練習に集中。
そして今回の結果である。
技術体力的にはまだまだ発展途上。いまは前に出るプレッシャーだけで勝っていると
いっていいだろう。だから変な癖がつかず素直に前に出れているんだと毎回
押されながら思う。私もいつこやつに負けるのか楽しみである


3日間の長い戦いが終わった。
私の長いブログも終わろうとしている。本当に大変だった。。
みんなで記念写真
P72412661.jpgP72412671.jpg
今回は、金4銀2銅4と10名の入賞者を出した。1位・2位は昨年と同数だが
3位4人が増えておりこれからの成長が楽しみである。

来年は北海道・札幌とのこと。そこから岐阜、沖縄と続く全少。
ウチは岐阜で終わって本当によかったです。。


DSC_06731.jpg
こいつらは代々木にもう来ることはもうないかもしれないので記念撮影
モデル立ちするエンジョイアウトローズども
しかし、脱がし上手なカメラマンのエスカレートする要求にテンションが上がり
DSC_0676_20120731141452.jpg
脱いだ!
しっかし4年生なのにカラダキレてますねー。
心聞は打ったらアカン注射でもうってるんでしょうか??
衛人も筋トレほとんどしない癖に大胸筋は立派ですね。完全に遺伝してます


バスにのりいよいよ帰阪

疲れ切った選手たちはすぐ寝るやろと思いきやしぶとく起きてやがる。
DSC_06791.jpg
ドラえもんのDVDに喰いつく選手ら。エンジョイドラえもん達也&海星も当然研究
しかし、すぐに力尽き、
DSC_06811.jpgDSC_0685.jpg
良将は天を仰ぎながら昇天
心聞&慶次は最後列5席を仲良く2人で分けあってベッド状態に。
エンジョイは実力社会なのである(こわ)

ほか圭吾のしびん事件
(-バス道中おもらし寸前の圭吾にペットボトルにおしっこしろとセットしようとするも、
ペットボトルの口に小1の圭吾の一物が入らないというアクシデント。立派なものである)
や、
海星の「俺6年なったら100キロ超えるわ」発言など帰りのバス中も楽しいことだらけ。。

刈谷SAで晩飯。さすがにイタリアン食べてる家族はいない・・・。
いやいた朱里人。まーサイゼリヤいてなかったからええけど。リバースなしやで

そっから寝屋川まであっという間。

おかげさんで無事に帰ってこれました。
ブログもやっとここまでたどり着きました。。

激しく楽しい3日間の全少もこれで終了。

次の日から新たな戦いが始まるのである。。

この3日間にかかわったすべての方々に。
本当にありがとうございました。。




最後まで読んでいただきホンマありがとうございました

今後ともおもろいネタあったらしっかり拾って私まで届けてください。
3割増しでおもろく仕上げますので。。



先ほどの答え
DSC_06511.jpg

See you next year!

【大会レポート】全国少年少女大会(明と暗の2日目) 

全国少年少女レスリング選手権大会

第2日目
平成24年7月23日(月)



7時前である。
心配された寝坊組はおらず何事もなく会場へ出発

この日は敗退した海星、準決勝進出が決まっている捷人、達也を除く16選手が登場
今大会エンジョイ金メダル第1号は風花か?慶次か?それとも衛人が手にするのか??

DSC_06781.jpg
今日はこ奴らも初登場。体育館の前で気合いの誓い
身長・体型・ヘアースタイル・靴まで一緒
瑚太郎ママまで間違えるこの二人で今日は替え玉ならんように気つけなね

アップにも気合いが入るとこであったが、昨日敗退してなにもせんでいいと油断していた
海星があわてて運動靴でマットに上がってアップしてたのはご愛嬌(この野郎
こやつは昨日の開会式でもオレンジTシャツを忘れひとり黄色Tシャツで臨んだ前科もちである

とアップでしっかり息を上げ、行くぞエンジョイレスラーwith大城良将(寝屋川青少年)


この日初戦は水谷練志
6年で全少初挑戦もその雄姿を見るべく参戦したおやじは結局3兄弟の
試合を見ることなく昨日とんぼ返り
無念のおやじのためにも、あとにつづく4人の弟たちに道を作るためにも、
そして何より自分のために。。最初で最後の全少にすべてをかける
しかし試合は何もできず完敗。その結果に何を感じたか?
足りないのは基礎体力となにより「勝つんだ!」という気持ち。
明日からの練志の変身に期待。


そして、次男の水谷奏登
心聞、瑠夏、慶次と同級生と思われないぐらい体が小さく感情も表に出さない奏登であるが、
この大舞台で熱い試合を見せてくれるか?
試合では相手との体力差をモロにみせられ完敗。
技術的うんぬんよりまずはいっぱい食べて大きな体、戦える基礎体力を手に入れよう。。


水谷家最後の砦、圭吾
兄貴たちの分もなんとか水谷家全少初勝利をあげたいところ
1回戦は相手のタックルを切ってがぶってという展開。
上手く切ってバックでポイントを取れば、相手選手もタックルでテイクダウンを取り返す
という競った試合を制したのは圭吾だった
できればタックルで攻めてほしかったが、まずは念願の1勝。
2回戦で攻めのレスリングを期待したが、何もできず完敗。。
当日のアップではいいタックルを見せていただけに試合で発揮できず残念。
自信を持って攻めれるように今後の練習でもっともっとタックルを磨くように。。


久しぶりの実戦となった公生
実に昨年の全少以来1年ぶりの試合ということだが、持ち前の「ひらめき」で
年長以来の全少優勝を狙う
しかし、久々の実戦で緊張したか体が動かず何もできず惨敗。。
怪我が多い公生は、これ以上怪我しないようにどこか自分で無理をしないように
なってしまっており、「なんとかエンジョイ卒業までにもうひと花咲かせてほしい」
というお母さんの想いにこたえることができるかどうかは公生の頑張り次第である。


こちらもお父さんお母さんと離れ単身全少初挑戦に臨んだらんが。
あのマーらんが事件を引き起こした、中部日本ジュニア大会の時とは
比べ物にならないほど、落ち着いている。
これはいいところまで行ける。
そう思っていたが、試合では何もできず惨敗。
勝った選手がこの日2試合目で最終2位になったことを考えれば、初戦で当たったのは
運がなかった。
しかし、一番を目指すのであれば、そんなことは言い訳にしかならない。
もっともっと食べて体を作って、練習して上を目指して精進するしかない。。


らんががさっき負けたのでこっちが池田瑚太郎ってやっと判明
ってぐらい似ている2人であるが、結果は違うものにしてもらいたいところ
試合前のアップはよく動けている。これはいいところまで行ける。
そう思っていたが、1試合前となり控えベンチに回った瑚太郎が目にしたものそれは・・・
DSC_06301.jpg
師匠である谷山コーチが自分の試合の審判ということがわかり一気に緊張度MAX
しかし、この試合で審判交代となり直接裁かれることがなくなって気が楽になった瑚太郎は、
面白いようにローシングル、両足タックルなどでポイントを稼ぎまくりテクニカル勝ち。
つづく2回戦では、完全に気持ちで押されタックルを放つも半身の状態。
これでは当然勝てない。完敗である。
相手の強さを感じることが出来るのも実力が付いてきた証拠だが、強い相手に対して
普段やっていることが変わるのはまだまだ実力不足な証拠。
相手が誰でもやることは一緒のはず。まずは気持ちの部分で強くならないとならない。


2日目となる風花
この試合に勝てばメダルが確定する大一番でもあまり緊張はない。
相手の動きもよく見えている。しっかり相手のタックルに対応。
しかし、こちらの攻め手を欠き。惜敗。
勝てない相手ではなかっただけに、悔しさが残るが本人がそう思っているかどうか
力を出し切っての負けなら割り切れるが、力を余しての負けはもったいない。
普段の練習からすべてを出し切る練習に風花自身自分を変えていかないと
結果も変わってこないはずである。


屶網3姉弟もこの日から始動
連覇がかかる剣勝であるが、朝から動きに精彩がない。
初優勝した去年もそんな感じだったので、ある程度は安心していたのだが。
1回戦は点の取り合いとなり5-5の同点で迎えた終盤に剣勝のがぶり返しで
勝ち越し。
「あのがぶり返しは点数を意識して出したか?」と質問したところ。
「同点やからやった」と剣勝。
あの剣勝が考えてレスリングしてくれるようになった。これだけで涙が出そうになりました。
これで勢いに乗ってくれるかと思っていた。
しかし、問題の2回戦である。
試合は動きが悪いながらも剣勝優勢。
その試合途中であった。
576px-Merlion,_Dec_05
当然試合中断。珍しくあわててトイレに連れ込むじいちゃん。
掃除する審判団、この1件について監督代行として呼び出された谷山さん。
試合は棄権とはならず、回復具合を見て再開してくれるとのこと。助かった。

しばらくして剣勝戻る→試合再開→なんとか逃げ切る→3回戦進出

しかし、この日はもう1試合しなければならない。
グロッキーの剣勝は2回戦終了後から寝たきりでアップもろくにできずの状態。
DSC_06351.jpg
勝てるはずがなかった。
今回は相手に負けたわけではなく、体調管理できなかった自分に負けたのである。
本番をベストの状態に持っていけなければ、すべての練習は無駄になってしまうのである。
いい勉強になったかな?


DSC_06321.jpg
こちらも初出場の敬太
試合は相変わらず首投げのポイントが多いが、たまに見せるタックルが有効に決まる場面も。
泣いて崩れる場面はこの日はなし。準決勝進出でメダル確定。3日目へ。

あとはさらが2回戦で1点勝負の接戦になったものの、その試合を制しその勢いのまま3日目の準決勝へ。
ほか心聞、瑠夏、朱里人、健人は危なげなく準決勝進出。

これで、この6人に加え準決勝から登場する捷人、達也を加えた8名がメダル確定し3日目へ

それから、寝屋川青少年の大城良将も準決勝進出をかけてこの日から登場。
前日はサイゼリヤでおやじと良将の分のミートソース2つオーダーしたはずが、
ミートソースWサイズ1つがきたため良将が喰わされる羽目に。
苦悶の表情を浮かべながらも完食。。
マットの上でリバースせんか心配であったが、緊張のためか、喰い過ぎのためか
動きはよろしくない。。
同点で延長突入。
延長開始直後すんなりタックルがきまり、あっけなく勝利。
「出来るんやったら、はよタックルせえよ」ってツッ込まれてました。。
3日目の準決勝進出。。


そして昨日からスタートの慶次&衛人の試合である。
同じ階級のエントリーした2人は決勝で出会うことはあるのか?
まずは、3回戦からである。

慶次は3回戦をまったく危なげない勝ち方で準決勝進出。
つづく準決勝はこの階級の優勝候補筆頭、四日市の太田匠海選手である。
太田選手は心聞のライバルの一人。
昨年の全少では心聞をフォール寸前まで追い込んだ猛者である。
明らかに今までの相手とは格が違う。
試合は合い四つから太田選手が前へプレッシャーをかけるのを慶次が耐えて場外際で
投げるという展開。しかし、相手も慶次を研究しておりなかなか点にはつながらない
さすがに押される落とされるを繰り返される慶次に疲れが出始め押し出されることが
多くなってきた。これでは判定に持ち込まれたら負けるだろう。
しかし試合終了間際場外際で放った投げが綺麗に決まり2点。
劇的な勝利であった。
先に決勝進出し、衛人が勝ち上がってくるのを待つ


対する衛人は3回戦超攻撃的な選手に手を焼き、1点を先制するも追いつかれる接戦に。
接戦や延長で精神力の勝負になるともろい衛人であったが、この日は違った。
相手もどんどん前に出てくるが、衛人も相撲でつちかった押しで相手にプレッシャーをかけ、
試合終了間際にはなったタックルが相手の場外逃避を誘い勝ち越しの1点に。
これで準決勝進出。
準決勝では気を抜いた瞬間をつかれタックルでリフトされるなど、3点を追いかける苦しい
展開で試合終盤へ。
いつもの衛人ならすぐにあきらめていただろうがこの試合でも粘りを見せた。
得意の差し手から放った投げが決まりフォールは奪えなかったものの残り2秒で3-3の同点に。
この勢いで延長戦もと意気込んでいたが、衛人の投げを喰らった相手選手の様子がおかしい。
どうやら肩か鎖骨をいためたようでメディカルチェックが入る。
しばらくしてメディカルおよびレフリーが続行不可能を示す×サイン
勝ったわけではないが衛人の決勝進出が決まった。。
負傷し棄権となった相手選手の分も決勝では奮闘しなければならない。。

これで、慶次衛人のエンジョイ同士の決勝戦が決まった
エンジョイ同士の決勝は実に4年前の心聞vs衛人以来。
衛人は全少に6回出場して5回決勝進出しているが、そのうち3回がエンジョイ同士の
決勝ということになった。
勢いに乗る慶次が衛人を下し、レスリング初優勝が全少という偉業を達成するのか、
それとも衛人が意地を見せて3年ぶりの日本一に輝くのか。
さあ勝負である。

P72312481.jpgP72312491.jpg
今大会は決勝戦の前にセレモニーを行うとのことで、決勝を戦う選手セコンド全員が
マットに上がり「君が代」斉唱
大阪では口パクは処罰されるのでしっかり歌いましたよ。。
選手同士、セコンド同士も握手いいかげんこの親父にも勝ちたいぜ


いよいよ試合開始。
ここまでかなりの長文を読んでいただいている方はかなりの死闘を予想されたであろうが、
ここまで盛り上げてなんやねんという試合だった。(アー腹立つ
結果は12-0で腰投げ4発で慶次が衛人をテクニカル葬。
悪い時の衛人全開の内容で前半終わって9点取られて帰ってきたときに
もう泣いてました(あー腹立つ
決勝だけ見れば慶次がこのトーナメントでどんだけ実力上位やねんという試合だった。。

全少で同階級にエントリーするというのがわかった時点で2人のスパーリングについては、
全少の決勝のつもりで戦えと言い続けてきた。
今思えば私の予言はすごいなーというわけではなく、意識して戦っていたのは慶次で、
20点ぐらい取られてボロボロに追い込まれてから力出してたのが衛人だった。
その時点でこの日の結果が決まっていたといってもいいだろう。

とにかく慶次初優勝おめでとう。今大会はダークホースとしてノーマークから勝ち上がれたが、
これからは狙われる立場としてみんなの挑戦を受けなければならない。
大変なのはこれからである。

負けた衛人は全少通算4個目の銀。
おやじからひとこと
「銀という字は金より良いと書くのよ」←クリック


表彰式。今大会エンジョイ1号2号メダルは最高のシチュエーションより
P72312501.jpgP72312531.jpg
3位右側の選手はかなりでかいが、実は中学生。
衛人が負傷させてしまったため試合後病院直行のため代理表彰
写真屋さんもおかしいなと思いながら一応アップ写真とって売りだしてました

慶次と衛人をバックアップしてくれた心聞、瑠夏とガッツポーズ
試合稽古はこの4人でまわしてました。
慶次&衛人の最高の結果を受けて心聞、瑠夏の連覇に勢いついたはず。。


DSC_06251.jpgDSC_06271.jpg
全少ならではの光景
山本"KID"徳郁選手がチビッ子たちにサイン攻めにあっていました。
疲れてるのに嫌な顔せずに対応してくれました。ありがとうございました
心聞親子みたいやな。
その妹の山本聖子選手もサインや記念撮影に応じてくれました。
うちの濱本ミーハーおやじも素早く撮影してもらってました。(あー腹立つ


長い2日目がおわりバスに乗り込み一路ホテルへ。。

ホテルで一息ついてみんなで食事へ

何にしようか?昨日サイゼリヤいってあんまりやったからなー。

と、言いながら庶民の味方『サイゼリヤ』へ
今回も前日と同様のシステムでオーダーもホール担当がテンパってました。
やっぱりオーダーしたものが遅れたりというのはある程度覚悟できていたのだが、
最初に注文したものが全然来ず、おばはんらが追加で注文したものはすぐに来る。
その横でウチの坊主が腹減って文句も言わずまってる顔を見て、普段は温厚な私も
さすがに厨房まで言いに行きました
2012_07_23_20_40_411.jpg2012_07_23_20_38_511.jpg
慶次の祝勝会ということで相変わらず減量の心配のない選手たちはよく食べまくる
減量した方がいいお母さん達も慶次の祝勝会ということで飲みまくる(エエナー)

海星のこの量を見てほしい。ドリアにパスタ大盛りにチキンこれをひとりで軽く完食。
となりの瑚太郎も口あいてます。

みんな思う存分食べまくり飲みまくりで、まだ飲み足りないおやじの会を残しコンビニからホテルへ。


事件その② やっぱりか事件

ホテルでそれは起きた。
谷山コーチ部屋は単身参加のらんがと海星。。
谷山コーチがくれたピーナッツをいただくらんがと海星。。よう食べること
そのピーナッツが起爆剤であった
576px-Merlion,_Dec_05
のちの本人いわく
「ちょっと戻ってきて飲み込もうとしたけど、お腹の中のもんが俺も俺もって出てきて
我慢できずに吐いてしまった」と海星
やっぱり喰いすぎ
サイゼリヤで1,000円ほど食ったのがわずか1時間ほどで消化されずにリバース
けど、偉かったのはリバースの瞬間手で口を押さえながら洗面所まで耐えたこと。
ベッドにしてたらベッド買い取りなってたかも。車内やったらバス買い取りですよ
横の便器にしてくれたら100点やってんけどなー。

とにかく谷山コーチが綺麗に処理してくれたとのこと。
おもえば谷山コーチは試合会場では剣勝、ホテルでは海星と本日2回の見事なリバース処理

これまでのリバース処理担当は西田だったのですが、(マーらんが事件ほか)
世代交代ということで潔く身を引かせていただきます。。



と、昼も晩も明暗はっきりの2日目であったが、寝て起きたらいよいよ決戦の最終日。

「次の日も7時にバス出発やけど白井さん大丈夫かな?」と心配しながら窓際の仮設ベッドで就寝

3日目に続く

【大会レポート】全国少年少女大会(長い長い1日目) 

全国少年少女レスリング選手権大会

第1日目
平成24年7月22日(



時刻は午前4時半 集合場所は寝屋川市駅ロータリー
西田家は枚方市から参戦なのでタクシー代だけで2,820円。トホホ

到着すると続々メンバー集合。選手たちは早朝にも関わらずハイテンション。

ここで気になってたことを確認

エンジョイメンバーはご存じだろうが、心聞は夏休み限定で髪を染めます
夏休み最後には五厘刈りになるため、染めて学校にはいってませんよ念のため。。

で、髪色は毎年色が違うのだが今年はどうであろうか??

ちなみに去年はにしたが、みんなから金色と言われる苦い経験をしたところ。(証拠写真こちら

さあ、ことしの髪はこちら↓
DSC_06031.jpg
誰が見ても金髪である。。
しかし、本人いわく「これは白や!」
どう見ても金髪である。

来年は何色にするんやろ・・・

と、気になってたことを確認し終えいよいよ出発準備

さあ、今年はどんな楽しい事件がまっているのか!
と期待に胸をふくらませいつでも写真を撮れるようにスマホの調子を確認
ヨシ!電池も残96パーセント。さあいつでもこんかい!

とここで突然の着信

事件その① 今起きました事件

白井父「もしもし西田さん」
西田父「もしもしおはようございます。(ま、まさか?)」
白「すいません。今起きました(笑)何時出発でしたっけ??」
西「マジですか!?まだバスは来てませんし、最悪5時までは待てますよ。。(なんでやねん)」
白「5時に行けるかどうかもビミョーなんで、バス来たら先行ってください(笑)最悪新幹線で行きますわ(爆)」
西「・・・・・。(どないなっとんねん)」

まだバスは来ていない。このロータリーの最終コーナーをバスが逃げきって来るか、
白井さんの白いエスティマ(ややこしいが)が驚異の追い上げで来るか。
見えないところで激しいデッドヒートが繰り広げられていたはずだ。

最終コーナーを回って見えたのは・・・。

白井白いエスティマだった。。

白「ダメもとでこっち向ってみたらなんとか間に合いましたわ。ワッハッハ

このときばかりはみんな思ったはずだ・・・。

どついたろか と


とまあそうこうしてるうちにバスも来てくれ、寝屋川を離れ、いよいよ決戦の地東京へ!
DSC_06061.jpgDSC_06071.jpg
今回は大型バスを借り切っての弾丸ツアー
3日間お世話になる2名の運転手さん。非常にいい人たち。快適な運転でみんな安眠

皆さんにも経験あるはずだ。
バスでの遠足では一番勢力を持った悪いグループが一番後ろの5席に座る。
これは定説である。
そして今回座っていたのは・・・
DSC_06101.jpg
こいつら。慶次以外末っ子だらけ。。わがまま放題やりたい放題
で、6年の達也・捷人はどこかというと・・・
DSC_06081.jpg
1列前で草食系のでかいもん同士おとなしく座ってました

DSC_06121.jpg
バス組唯一の女子選手の風花は遊び相手いてないから暇やろナーと思いきや、
自分から最後列真ん中へ
男子の間を割って入って座り込むそのたたずまいはまるでキャバクラ嬢

Q「お気に入りのメンズは?」
風花「一番はケイジ、二番はエイト
Q「じゃあ、三番はシモン?」
風花「シモンキモいからキライ

全否定されてショックかと思いきや、なぜかニヤけるシモン
けっこうMッ気あり??

今思えば、ケイジ対エイトの風花をめぐる戦いがレスリングの結果にもつながっていた
ということを見逃してはならない。
勝負にも負け、女も取られ散々なエイト
おやじがもっとええ女見つけたるからな

約7時間の移動時間
選手たちはそれぞれリラックスして時間を過ごす。

DSC_06161.jpg
そして会場に到着。
3年ぶりの代々木第一体育館やっぱでけー

別働隊とも合流し、受付をすませ運命の計量
無事全員一発クリア
爪6人ほどアウトなにやっとんねん


DSC_06441.jpgDSC_06451.jpg
来るはずであった東監督が体調不良により不参加となったため、池田ヘッドに監督代行としてチームを率いていただきました。。
監督のためにもいい知らせを持って帰りたいところ!
節電とかなりの熱気で過酷な暑さを覚悟していたが、全然問題なし。ってか寒い~

DSC_06491.jpg
会場内には今年もキン肉マンブースも。エンジョイミートくん達と記念撮影
今思えば、この銀のマスクをかぶった時点でこの男の結果が決まったといってもいいであろう。

開会式に先立って、ロンドンオリンピックレスリング日本代表選手団壮行会が行われた。。
P72212381.jpgP72212431.jpg
花道を通って入場する日本代表選手にエンジョイメンバーは何を感じたか?
吉田沙保里選手のエールももらって気合注入!
今回はアニマルさんの気合いだ!はなかったです

P72212441.jpg
開会式開始
ここでアクシデント2年連続チームのプラカードを忘れたことに気づく。
キャプテンの捷人が右往左往
ごめんやで


いよいよ試合開始
本日の出場は4人

先陣は慶次
柔道では実績十分のこの男もレスリングの大会は久しぶりであったため緊張もあったはず。。
そんな不安を一気にはねのける見事なフォール勝ち
この時点で次の日仕事で帰らなければならない水谷父は、息子たちの試合も見ることなく帰阪
練志を替え玉で出したら水谷さんも見れたのに…(不謹慎でスンマセン)

話は戻るが、慶次はつづく2回戦も難なく勝ちあがり2日目の3回戦進出。。
DSC_06201.jpg

続いて海星
親元をはなれ単身初出場のこの男は試合前というのにボーっとして逆に大物感を漂わせる
試合は前に出てひたすら押しに徹する海星に対し、組むのを嫌った相手選手から離れた所からのタックルを
決められフォール負け
しかし勝負において一番大事な前へ出るということが出来たので合格

つづいて風花
1年生となり全少デビュー。
こちらも全然緊張感はなく体も動いていたが、ポイントは首投げからだったので、内容的にはう~ん。。
最後にタックルを仕掛けたが、低い相手に対してのものだったので、こちらもう~ん。。
一応2日目の2回戦進出

最後は衛人
全少は6回目を数えるベテランだがいっつもガチガチの緊張しぃ
初戦はどんな相手でも慎重に行き過ぎて接戦になるのだが、今回はテクニカルフォール勝ち。
内容的にはいろんな技を試して点を取るといった余裕の内容であったが、なにぶん動きが硬いので
スムーズにはいっていない。
2日目の3回戦に進出。。

DSC_06291.jpg
谷山コーチも審判として活躍
選手を守るため安全第一のレフェリング。。
いつもいつもありがとうございます。。



一日目の戦いが終わって再びバスに乗り、お世話になるホテルへ
DSC_06221.jpg
部屋に着くなりくつろぐ兄弟。捷人背中まるっ
DSC_06231.jpg
ホテルからスカイツリーも見えます。。
え?わかりづらいって??
P72312541.jpg
こんな感じ

ホテルは素泊まりなので、みんなで食事へ
とてもじゃないがホテルレストランはNGなので近くのレストラン街へ。。
捷人&達也の「寿司食いたい」をスルーし、庶民の味方の「サイゼリヤ」へ
2012_07_22_20_26_111.jpg2012_07_22_20_25_131.jpg
減量の心配もなくなった選手たちは思いっきり食べまくる。辛味チキン大人気
減量した方がいいお母さんたちも思いっきり飲みまくる一番いい笑顔
(ホンマスンマセン<(_ _)>)

流石に割り勘というわけにはいかないので、各家族伝票をわけてもらってオーダーしてもらったが、テーブルがバラバラであったため、オーダーしたものが来ない、おんなじ物がきたなどのトラブルが続出。
まあこちらもややこしいこというてるかもしれないが、もう2度と来ないと心に誓って店を出、明日の朝飯を買うためコンビニへ。。

ホテルに戻った選手たちは大浴場がないことに大ショック
しかし、そんなことでへこたれない悪い奴らはユニットであろうが、みんなで入浴
清水さんスンマセン。。

「次の日は7時にバス出発やけど白井さん大丈夫かな?」と心配しながら窓際の仮設ベッドで就寝

2日目に続く

【結果】 全国少年少女大会 

平成24年度 第29回全国少年少女レスリング選手権大会

平成24年7月22日()~24日(火)
国立代々木競技場第一体育館

P72212361.jpgP72212331.jpg


エンジョイメンバー19名参加

●1年生の部●

20kg級

 池田 風花 ・・・2回戦敗退(全少初出場&初勝利

22kg級

 水谷 圭吾 ・・・2回戦敗退(全少初出場&初勝利

26kg級

 野田 敬太 ・・・3位全少初出場&初勝利&初入賞


●2年生の部●

26kg級

 池田 瑚太郎・・・2回戦敗退

28kg級

 屶網 剣勝 ・・・3回戦敗退


●3年生の部●

26kg級

 上村 らんが・・・1回戦敗退(全少初出場

42kg級

 山田 海星 ・・・1回戦敗退(全少初出場


●4年生の部●

24kg級

 水谷 奏登 ・・・1回戦敗退(全少初出場


36kg級

 辻岡 慶次 ・・・優勝大会初優勝

 西田 衛人 ・・・2位

33kg級

 濱本 心聞 ・・・優勝連覇


●4年生女子の部●

+36kg級

 屶網 瑠夏 ・・・2位


●5年生の部●

34kg級

 清水 公生 ・・・1回戦敗退

48kg級

 中原 朱里人・・・3位全少初勝利&初入賞


●6年生の部●

32kg級

 水谷 練志 ・・・1回戦敗退(全少初出場

51kg級

 小橋 健人・・・3位

54kg級

 西田 捷人・・・3位全少初入賞

+57kg級

 白井 達也 ・・・優勝2年ぶり回目


●6年生女子の部●

40kg級

 屶網 さら ・・・優勝連覇



寝屋川青少年連盟

●4年生の部●

24kg級

 大城 良将・・・3位



P72412661.jpgP72412671.jpg

今回は東監督が体調不良で不参加の中、昨年と同じく4名の優勝者を出せました。
入賞者は半数の10名と初出場組が多い中なかなかの成績を選手たちはおさめてくれました。。

体調不良や緊張で本来の実力を出せなかった選手。
勝てる試合でちょっとしたミスからメダルに届かなかった選手。
この悔しさを忘れず練習にぶつけてください。
もう同じ悔しさを味わいたくないのなら…。

最後の全少となった6年生選手。
進路はさまざまだと思いますが、続けるかどうか迷っている選手もいると思います。
今回の試合内容、結果に満足いってますか?
今まで頑張ってきたものすべて試合にぶつけれましたか?
あと数カ月しかキッズレスリングをエンジョイできません。
一生の後悔とならないよう、すべてを出し切れるように練習で手を抜かず、
今後の1試合1試合に全力を出せるようにしてください。


最後になりましたが、監督代行としてチームをまとめていただいた池田コーチ。
3日間審判頑張っていただきました谷山コーチ。
バス・宿その他手配していただきました池田さん。
そして、選手たちに熱い声援を送っていただいたすべての方々に御礼申し上げます。
おかげさまで選手たち全員怪我なく戦い切って無事に帰ってこれました。
本当にありがとうございました<(_ _)>

全少最終結果速報 

全国少年少女レスリング選手権大会 最終結果

1年生の部

池田風花…二回戦敗退

水谷圭吾…二回戦敗退

野田敬太…3位


2年生の部

池田瑚太郎…二回戦敗退

屶網剣勝…三回戦敗退


3年生の部

上村らんが…一回戦敗退

山田海星…一回戦敗退


4年生の部

水谷奏登…一回戦敗退

西田衛人…2位

辻岡慶次…優勝

濱本心聞…優勝

屶網瑠夏…2位


5年生の部

清水公生…一回戦敗退

中原朱里人…3位


6年生の部

水谷練志…一回戦敗退

小橋健人…3位

西田捷人…3位

白井達也…優勝

屶網さら…優勝




詳細は後日。。

全少結果速報 

東京で行われている全国大会も二日目が終わりエンジョイからもメダリストが生まれました

二日目終了時点

池田風花…二回戦敗退

水谷圭吾…二回戦敗退

池田瑚太郎…二回戦敗退

屶網剣勝…三回戦敗退

上村らんが…一回戦敗退

山田海星…一回戦敗退

水谷奏登…一回戦敗退

清水公生…一回戦敗退

水谷練志…一回戦敗退

四年生36kg級決勝では、西田衛人vs辻岡慶次の同門対決となり、慶次が衛人を下し初優勝衛人は全少四つ目の銀メダルとなりました


以下の選手は、準決勝進出となりメダル確定で明日準決勝、決勝を闘います。。

野田敬太

濱本心聞

屶網瑠夏

中原朱里人

小橋健太

西田捷人

白井達也

屶網さら


明日最終日でどれだけ選手が活躍し、メダルの色を良くできるか。現場で精一杯おっさんも頑張ってきます。

「みしらん」放映日決定!! 

「見知らぬ関西新発見!みしらん」に屶網3きょうだいがようやく映ります!

当初の放送予定日より伸び伸びとなっていましたが、7・28(土)の10時からの
放送でようやくオンエアされるとのことです!(収録風景

番組HP → こちら

まずはその前の全少でしっかり連覇を果たし、一層ハクをつけて紹介してもらえるように
明日の本番を頑張ってほしいデス。。



決戦前日!!!!! 

あと1日である。

全国の小学生レスラーが一堂に集い熱い戦いを繰り広げるビッグステージまで。。

出場するエンジョイレスラーの心境はどうであろうか?

昨日額を割った心聞の傷はふさがったであろうか?



今回は約三分の一が初出場の選手ということで、保護者さんも緊張されていることと
思います。これを読んでいただいてまず親が平常心になっていただくということを
心がけてください。


ここまで来たら、選手が持ってる力を出し切れるかどうかです。

そのためには、選手が平常心かつ体調を万全にし、試合に臨む必要があります。


●保護者は体調・体重管理を万全に行い、選手の一生の後悔にならないように
してください。

●当日、コーチおよび保護者は選手のパフォーマンスを最大限発揮できるように
どんどん褒めまくって調子に乗せましょう。。
緊張をほぐすためにもスキンシップもはかってください。

●今回も高速バスでの移動となります。乗り物酔いする選手は酔い止め薬を飲むなど
各自で対応してください。。

●会場はマット周辺はかなりの熱気ですが、スタンド席は結構冷房がきいているので
(節電のためそうでもないかも…)体を冷やさないように気をつけてください。

●セコンドは監督および担当コーチがつく予定ですが、試合が輻輳して保護者に対応
してもらうことも予想されますので、セコンドにふさわしい格好で試合会場に
入ってください。(帽子、短パン、スリッパNG)

以上、ほかにもありますがくどくなりますので、ほか不安なことがあれば先輩
お父さんお母さんに確認してください。
(ベテランさんでもわかってないとこありますが・・・)


ということで昨日連絡したとおりバス組は午前4時30分に寝屋川市駅
イズミヤ側ロータリーに集合願います。


寝屋川で応援してくれているメンバーには、その日終了ごとに試合速報はブログで
アップしていきますが、Facebookでは試合毎に結果をアップしていきますので、
一刻も早く知りたいという未登録のメンバーさんは登録をお勧めします。。


それでは、明日からの3日間を最高の3日間とするために、今日をしっかり過ごしましょう。。

【結果】 関西少年大会 

平成24年度 第32回関西少年レスリング選手権大会

平成24年7月16日(月・祝) 
茨木市立市民体育館

エンジョイメンバー3名参加

●中学生の部●

42kg級

 中村 泰栄・・・2回戦敗退

 濱本 心音・・・2回戦敗退


47kg級

 谷山 菜緒・・・3位



エンジョイOB

38kg級

 岩崎 愛子(堺リベラル中)・・・1回戦敗退


47kg級

 谷山 拓磨(京都八幡ジュニア)・・・2回戦敗退

 志賀 晃次郎(京都八幡ジュニア)・・・優勝


53kg級

 東條 篤志(網野町少年教室)・・・2回戦敗退

 早山 竜太郎(京都八幡ジュニア)・・・優勝

≪大会参加申込受付≫※エンジョイメンバーのみ 

第18回 寝屋川レスリング大会

【期 日】  平成24年9月9日(

【会 場】  寝屋川市立市民体育館 大体育室

【日 程】  8:30~ ・・・開館・受付・計量(中学生のみ)
       9:30~ ・・・開会式

【参加料】 2000円 /1人

【階  級】 幼年・小学生・・・複学年階級別
       中学生・・・指定階級別
       
その他詳細については、要項に記載されています。要熟読!!

※指定の参加申込書に必要事項を記入してください。

┌----------------------------┐  
エンジョイ内申込締切:8月10日(金) 担当:清水母まで
└----------------------------┘

※保護者の皆様、子供達の体重・体調の調整をお願いします。
 無理な減量は避けるように!!

 なお、大会前日夕方以降に会場設営等準備がありますので予定しておいてください。
 また大会当日には、記録係、マット補助員、審判員等役割分担がありますので、
 詳細決定次第お知らせいたします。ご協力よろしくお願いいたします。

菜緒凱旋帰国! 

先日アジア・カデット選手権女子46㎏級を制した谷山菜緒選手が帰国し、本日の練習で勝利報告がありました

監督『試合行ってみてどーやった?』
菜緒『水が汚かった…

もっと言うことあるやろ…


今日の締めの言葉
監督『菜緒ちゃんおめでとう

とにかくおめでとう

【結果】 アジア・カデット選手権 

キルギス・ビシュケクで開催されたアジア・カデット選手権において、
女子46kg級に出場した我らがエンジョイの谷山菜緒選手が、
優勝し、エンジョイ初の国際大会制覇となりました
46.jpg

詳しくはこちら

北朝鮮選手相手の準決勝、カザフスタン選手相手の決勝いづれも
2-0のストレート完封勝利ということでした

07asia_cadet.jpg
女子8階級で金5銀3日本女子つえー
久々に見た菜緒の満面の笑顔(下段右から2番目)

おめでとう菜緒無事に大阪帰ってきてやー

全国大会 階級試合日程 

全少まであと17日となりました

出場する選手および保護者は体重、体調の管理・調整しっかりお願いします

本日、全国少年少女レスリング連盟より全国大会の各階級試合日程が発表されました。。

出場する選手は、自分の階級が何日の試合なのか?何試合行うのか?をしっかり頭に入れ、
イメージトレーニングを行いモチベーションを上げていってください

kidswrestling-332418.jpg
kidswrestling-332422.jpg
明日からも気合い入れてガンバロー

【結果】今治大会 

第27回今治少年レスリング選手権大会

平成24年7月1日(
愛媛県・今治市営中央体育館

528902_133469023457628_773045822_n.jpg

エンジョイメンバー6名参加


●1、2年の部●

20kg級

 池田 風花 ・・・1回戦敗退

 水谷 圭吾 ・・・1回戦敗退

26kg級

 池田 瑚太郎・・・1回戦敗退


●3、4年の部●

22kg級

 水谷 奏登 ・・・1回戦敗退


●5、6年の部●

28kg級

 水谷 練志 ・・・1回戦敗退

32kg級

 冨江 留巳也・・・2回戦敗退



大会ハイライト
574830_133469113457619_81114369_n.jpg

今回はベテラン父兄が不在の大会であったため、選手たちより参加されたお父さんお母さんが不安になっていたとのこと
そんな中、キャプテン水谷練志と奏登が隣のマット同士で同じ2番目の試合でスタート

奏登すぐに負ける → なんかおかしいぞ → あ、練志と奏登逆やったわ

ってことで、あろうことか奏登は5、6年28kg級に出場し1回戦を戦ったとのことです

当然、試合やり直しとなるも、6年生にボロボロにされた奏登は再試合も負け、奏登の仇をとるべく奮闘した練志も負けるという、アクシデンタルが発生

その悪いムードを払拭できずに全員敗退におわり、昼12時過ぎには解散となりました

今は結果より内容です。しっかり各家庭で反省会してください。。

次は本番の全少です

特に練志は最初で最後の全少となります
一生の悔いとならないよう、今回の試合の反省を踏まえ、あと数回の練習で自分を追い込んでいきましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。