06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会デビュー(*^。^*) 

新メンバーが加わり、エンジョイもにぎやかになりました

エンジョイメンバーさん、大会(試合)の時は…
※当クラブ(エンジョイレスリングクラブ)に関して

現地集合、現地解散です。
※会場になる体育館の駐車場の台数に限りがあります。
  要項に駐車場の指定が有る場合、指示に従いましょう。
  クラブ内で協力し乗り合って行きましょう。
  体育館駐車場及び指定駐車場が満車の可能性も考慮し、
  予め、体育館周辺の民間駐車場も調べておきましょう

早めに行き、全員でウォーミングアップをします。 
※朝一番のウォーミングアップは体育館内で出来るとは限りません
  ほとんどが屋外でアップします。必ず運動靴で来ること。
  体育館開門後は、マット上でアップします(マット使用許可がある場合)。
  子ども達は開門後、親と別行動になります。
   練習着着用(Tシャツ&短パン)で ※Tシャツはライトグリーン又は他
     『シューズ』、『シングレット(計量のある場合)』、『タオル』 を持ってマット上に。
  親たちは、荷物(子どもの上記以外の荷物含む)をもって観客席に向かいます。

  開会式オレンジ色Tシャツで合わせます。

保護者の方も体育館シューズ(上履き)を用意! 
※体育館内は基本的に土足厳禁外履きとは別に1足用意しておくと便利です。
※階段の昇り降りや大勢の人でごった返している時もあります。
  スリッパは危険なので避けましょう。

ゴミは必ず各自で持ち帰る。 
※ビニール袋を用意しておくと便利
※お茶をこぼしたりする可能性もあるので「雑巾1枚」入れておくと安心。

忘れ物のないように 
シングレット(吊パン)=試合用のユニホーム
 大きな大会ではちゃんとシングレットを着なければなりません。
レスリングシューズ
 ビニールテープやテーピングで靴紐が解けないようにテーピングします(計量の後に)。
白のハンカチ
 試合中は必ず白ハンカチを携帯します(シングレットの中に入れる)。
爪きり
 計量のときにチェックされます。
 試合中相手や自分を傷つけないようにするためです。
 普段の練習の時も一緒です。日頃から短くしておく
タオル
 試合中、体の汗がひどい場合、審判より拭くように指示があります。
 指示される前にピリオド間の休憩の時にサッと拭けるように。

赤・青のボールペン
 エンジョイメンバー独自のトーナメントの一覧表を会場にて作成する際に役立ちます。

マット上でのマナー
 ※一礼と握手
   マットに上がる時は 一礼
   相手選手およびレフリー(審判) 握手
   試合終了後相手選手 握手
   相手選手のセコンド 握手
   マットを降りる時 一礼
 お家でも練習しておきましょう

他の子の応援をする。 
 ※遊びに来てる訳ではないので、他の子の試合を見せましょう!!
 <マットを叩く><マットサイドで寝転ぶ><会場内での飲食>
 <進行を妨げる>などは禁止です
  新人の子ども・父母さんはレスリング競技わかるため特に見て応援して下さい。

各自で昼食
 ※昼食時間ってのがありません(一部大会では昼食休憩時間を設けているところも有)。
   試合の合間やタイミングをみて各自でとりましょう。
 ※遠足ではないので、お菓子なども控えましょう。
 (試合や応援そっちのけで、遊んだりお菓子を食べてたり・・・って事の無いように

セコンドの依頼
 ※試合中、マットサイドについてもうらうセコンドを、監督又はコーチに依頼します。
 ○マットの○番(試合番号)を言い、セコンドについてもらえるよう 依頼します。今現状の試合番号を言うと解りやすいです
 ※子ども達自身が、自分でセコンドを依頼するようにしましょう。
 ※監督にお願いするのが一番です。


新人メンバーさん(幼年・低学年) ≪ 必 見 ≫  
   
レスリング用語の把握
「下を向く」「オープン」「押さえる」など…、動作の意味や実際に出来るように
「タックル」「バック」「ネルソン」「ローリング」など…、技のかけ方が出来るように

練習日だけで覚えるのは、幼年・低学年の子どもではムリがあります。
練習がない日やお布団を敷いた時なんかに、遊びやスキンシップの一環のような感覚で動作や技のおさらいをしてみてもいいと思います。
「どんなんやった?」「どうやってするの?」「お母さん(お父さん)にもおしえて」って、練習でやった事を子どもに思い出させる事もいいと思う。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。