08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッツレンチって 

シリーズ調べてみました

ガッツレンチ 

グラウンド・レスリングで最もポピュラーな「横崩し」のこと。選手間では「ローリング」
と言うことも多い。「ウエストホールド・イン・ブリッジ」とも言うが、これは腰をしっかり
とロックしてかけた場合。
((財)日本レスリング協会HPより引用)

ってありました。

しかし、私の興味はそこではないんですよ

なんでそんな気合いのこもった技名なのか?
もしかして、昔々のファイター、ボブ・ガッツレンチという選手が得意とした技だったのか?
言葉の由来まではわかりませんでした

さらに調べました(暇ではないんですが


ちょっとわかりました

gut(ガット)・・・・・腸・内蔵・はらわた

wrench(レンチ)
・・・…を(ぐいと強く)ねじる, ひねる, …を(…から)ねじり取る, もぎ取る

すなわち「相手の内蔵をもぎ取る」・・・
もとい「相手の内蔵を強くひねる」=内蔵を強烈にしぼって相手を回転させる

意味がとおりました


皆さんかなりスッキリしましたね


このガッツレンチはレスリングでは基本的な技で、タックルとこれだけで十分上でも戦えます

そういえばウチのクラブで、ミスターガッツレンチローリングガールと呼ばれるぐらいガッツレンチ
がうまい選手がいてないな~


こうなったら、あいつを鍛えてガッツレンチマスターにしよう


そして、こう呼ぼう






『水谷"ガッツ"練志と・・・。


これが言いたかっただけ・・・

どんどんコメント下さい

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。