08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大会レポート】中部日本大会 1日目 

第26回中部日本ジュニアレスリング大会

第1日 平成24年3月24日(


今大会に出場するエンジョイメンバーは16名
車5台に分かれそれぞれ向うは静岡県焼津市へ!

その中の1台西田セレナ号で今大会の事件第1号が発生

事件その① マーらんが事件

西田セレナ号は、西田のほか、伸太、捷人、衛人、武義、らんがが同乗。
道中浜名湖SA手前で一瞬静かになった車内に、振りまくったペットボトルのコーラを開けたような小爆発音が響いた
思わず運転中にもかかわらず後ろを振り勝った私が見た光景は・・・



576px-Merlion,_Dec_05
両手で口を押さえて固まったままの服を汚した顔面蒼白のらんがとその横で大爆笑の衛人
のちのらんが曰く「あの時は始めてのリバースで頭が真っ白だったけど、衛人の笑顔に救われた」とのこと。。
心も体も軽くなったらんがは、それ以降かなりテンション↑↑

そんなこんなでエンジョイレスラー達は焼津おさかなセンターで腹ごしらえ後、会場入り。。
全員計量一発パス
P3240838_convert_20120327225717.jpg
今大会は竹中伸太監督代行がチームを指揮
まずは団体戦の緊張のメンバー発表
P3240844_convert_20120327230428.jpgP3240846_convert_20120327230800.jpg
試合前にエンジョイメンバー全員で円陣を組んで気合いの掛け声捷人よう声出てます
ぶっつけにしてはなかなかの気合いでした

1回戦の相手は地元チームの焼津ジュニアレスリングクラブ。
地元だけあって選手層はあつく、高学年の軽量級メンバーが中心のチーム。
完全アウェーの雰囲気の中、エンジョイの闘いが始まる。。

P3240848_convert_20120328062825.jpg20kg級の風花。 
先鋒ということでかなりのプレッシャー 
小学生と思われる相手選手に目をそむけることはなかったが、力の差を見せつけられ生涯初のフォール負け
しかし、その勇気は次につながるものだった。。

P3240850_convert_20120328063904.jpg23kg級のマーらんが
試合前に膝がカクカクいってた、この男はこの表情
緊張度MAXの時に見せる鬼の形相に
試合は攻めてはポイントを取り、攻められてはポイントを取られと言う悪い展開に
結局、判定負けだったが、相手に負けたというより攻めれなかった自分に負けたという感じでした。

P3240853_convert_20120328064746.jpg26kg級の剣勝
完全に年上との対戦で、得意の体勢であるにも関わらずこの表情
身長、動きで勝る相手に剣勝も持ち前のパワーで何とかしようとするが、無念のフォール負け

P3240854_convert_20120328065331.jpg30kg級の留巳也
ようやくエンジョイも高学年が登場ここから奇跡の4連勝で逆転勝ちなるか
タックルで攻め込む場面もあったが、相手の動きが1枚も2枚も上手。
結局完封でテクニカルフォール負け
これで団体戦エンジョイの1回戦負け確定

P3240856_convert_20120328065615.jpg34kg級の衛人
負けが確定したエンジョイだが、ここから意地を見せたいところ
6年生相手に果敢に攻める衛人だったが、やはり自力に勝る相手選手にポイントを奪われる。
大量リードされて時間切れ寸前に一発逆転の巻き投げを放ったが、これも決まらず無念の判定負け。
しかし、最後まで試合をあきらめることなく戦いきった衛人のファイトに焼津ジュニアの勢いは完全に止まった

P3240859_convert_20120328065741.jpg40kg級のさら
勢いが止まった相手チームにポイントゲッターのさら&心音が襲いかかる。
もう相手との学年差はない。
タックル1発で相手の出鼻をくじいた後は終始試合をコントロール。
判定勝ちで念願の1勝をあげてくれ、大将の心音にバトンタッチ。。

P3240863_convert_20120328065846.jpg50kgの心音
2回戦のために準備していたリザーバー、団体戦にエントリーもできなかった選手の思いも乗り移ったか、心音めっちゃ強い
相手を秒殺フォール寸前まで追い込み、後は終始圧倒的に試合を進め貫禄の判定勝ち。
みんなの鬱憤を晴らしてくれた豪快な勝利でした

P3240864_convert_20120328065950.jpg
結果2-5で1回戦敗退となったエンジョイでしたが、勝利した焼津ジュニアが1位四日市と互角の2位になったことを考えれば、善戦した方と言って良いでしょう。。
いつかは団体優勝し、優勝旗を寝屋川まで持って帰りたいものです。。

P3240865_convert_20120328070059.jpgP3240866_convert_20120328070208.jpg
試合後は、幼年・低学年と高学年それぞれに伸太代行、谷山コーチから個別にアドバイス
そしてすぐに反省点を意識しながらの練習
『鉄は熱いうちに打て』ってことですね

P3240868_convert_20120328070309.jpg
最後まで居残り練習となった捷人
泣きながら必死のタックルを放つ。
伸太代行の熱い思いを受け取ってくれたかな??ありがとうございます。。もっともっとお願いします(おやぢより)

団体戦後、合同でスパーリングやりますとのアナウンスがあったが、団体戦1回戦負けでがっつり練習した我らがエンジョイはスルーして一路宿へ

P3240869_convert_20120328070439.jpg
宿はおなじみ土筆旅館。毎年お世話になっている。。
おやじさんが笑顔で出迎えてくれ、選手みんなで「お世話になります!」

P3240873_convert_20120328070739.jpgP3240877_convert_20120328070838.jpg
お待ちかね夕食の時間。
鉄心率いる「エンジョイ草食系ゆるキャラ軍団」もごらんの表情
伸太代行からひとことあって「いただきます!!」

ことしも土筆旅館のご主人から陣中見舞いいただきました
ほんとうにほんとうに毎年毎年お世話になっております。
これからも末永くよろしくお願いいたします

今年は泣きながら食べる選手もなく「ごちそうさまでした!!」

さあ一番楽しみな自由時間
みんなはそれぞれグループに別れそれそれの部屋で好きに過ごす。。
風呂では男子軍団が湯の掛け合いで戦争ごっこ。
まともに洗っているとは思えず、マット菌の感染が心配…

事件その② 温泉抜け駆け事件

おやじの会は食事後コーチ部屋に集合し、当日の反省会を開催していた。
反省会も終わり風呂に入ろうとするも子ども達に風呂を占拠されていたため、宿近くの黒潮温泉(銭湯)へ

みんなで行こうぜと点呼したところ、濱本おやじがいない
電話をかけてみると「今銭湯出たとこです」 
「なんやと!抜け駆けやないか!!」おやじ連中が怒る
そこで宿の玄関で待ち伏せをし、帰ってきた濱本おやじを拉致することに成功
そのまま黒潮温泉に連行し、2度目の入浴に

黒潮温泉名物の薬草風呂にみんな股間をやられたが、運転の疲れもとれリフレッシュ完了

冨江おやじの強烈なプッシュもあり、おやじ達はラーメン屋を探すため駅前方面を彷徨うことに。
せっかく暖まったからだも冷え切った頃、ありましたラーメン屋

名前は忘れましたが、温つけ麺が名物とのこと。
見事にみんな名物をスルーして普通のみそ、しょうゆをオーダー

それと魚の町ならではのメニューありました。
DSC_0189_convert_20120329100242.jpg
かつお餃子(上)とまぐろ餃子(下)
かつおは良い味でてました。まぐろもかなり肉々しく食い応えがありました。。

とまあ良い風呂入って、うまいもん喰ってと遠征を満喫したおやじの会でした

宿に戻ると選手達は就寝中。

六畳ないほどの部屋に子どもが4人広がって寝られていたので、西田おやじは50センチほどの幅に無理矢理体を納めて眠りにつく

なんとか寝れた西田おやじだったが、何かの気配がし目が覚めた
誰か立っている。メガネがないのではっきりと見えないが、確実に誰か立っていた

メガネをかけておそるおそる見てみた

そこに立っていたのは・・・

捷人だった

直立不動して寝てる感じだった

おやじ「ど、どないしてん
捷人「メシは~?」

時計を見ると2時45分だった

そのままタックルでテイクダウンし、再び眠りにつかせた

長い1日が終わった。。



2日目個人戦へつづく・・・

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。