10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結果】 全国少年少女大会 

平成28年度 第33回全国少年少女レスリング選手権大会

平成28年7月22日(金)~24日(

国立代々木競技場第一体育館

kaikai_2016072702184264e.jpg

エンジョイメンバー13名参加(1名棄権)


●1年生の部●

20kg級

 島田 桂介 ・・・ベスト8

 水谷 莉月 ・・・2回戦(初戦)敗退


21kg級

 水谷 海智 ・・・ベスト8


22kg級

 坂本 一紗 ・・・2回戦敗退


+30kg級

 上田 心音 ・・・3位
mion - コピー


●2年生の部●

24kg級

 原田 陽菜 ・・・棄権

 鸙野 大河 ・・・3回戦敗退


30kg級

 武本 大虎 ・・・2回戦(初戦)敗退


●3年生の部●

28kg級

 坂本 寛治 ・・・1回戦敗退


●4年生の部●

45kg級

 坂本 丈治 ・・・ベスト8(初戦敗退)(選抜出場権獲得)


●4年生女子の部●

26kg級

 武本 志音 ・・・ベスト8(選抜出場権獲得)


●5年生の部●

32kg級

 水谷 圭吾 ・・・ベスト8(選抜出場権獲得)


●6年生の部●

36kg級

 鸙野 佑真 ・・・1回戦敗退


46kg級

 屶網 剣勝 ・・・3位(選抜出場権獲得)
kensho_20160727022319278.jpg

公式結果 → こちら


olympic.pngc-ute.jpg
開会に先立ってリオオリンピック日本代表選手団壮行会が行われ、全国から集まった
キッズ選手たちにオリンピックでの健闘を約束していただきました。
頑張れニッポン!

開会式ではアイドルグループ『℃-ute』が特別参加。日本協会応援ソングを選手みんなと
うたって開会を盛り上げてくれました。

昨年は6名という少数での参加のうえ、そのうち3名がメディカルチェックで失格。
残る3名も入賞なしという散々な我がエンジョイであったが、今年度は市レスリング協会
あげてのバックアップ、クラブ・保護者あげてのセルフメディカルチェックのおかげで
初出場7名を含む13名の参加となり鬼門であったメディカルチェック、計量見事全員パス。
いざ決戦へ

kanji_20160727210917806.jpg
昨年度メディカル失格となったカンジ。失格直後のあの笑顔が記憶に新しいが、
今年はおかんの完璧なケアのおかげでメディカルチェック問題なしと思われたが、
大会数日前に頭に虫が・・・
さすがのカンジもトレードマークであった長髪を断髪。
その決断のおかげでなんとか完治。そしてメディカルチェックパス。
結果はさておき、一つ前進といっていい
男前やから、短髪を恥じないように。。

shion_2016072702183966b.jpg
同じく昨年皮膚疾患のため失格となっていたシオンも今大会で初の全国の舞台に。
闘志を表に出すことはないが、相変わらずのしぶといレスリングの末、1-0で全国初勝利でベスト8進出。。
今年度より来年3月に行われる全国選抜大会には、この大会でベスト8に進出しないと出場権がえられない
システムに変更となったがシオン含め高学年出場5名中、4名が出場権をゲット。
エントリー8名だったジョージよかったね。。

kaichi_20160727213913739.jpg
来年、全少北九州大会より3年生以上の大会となるため、1、2年生の出場は今大会で最後。
エンジョイからは1,2年生7名が出場し、全員が全国のマットを初体験。
直後に自分の試合控えているのに緊張ゼロのカイチ。いい意味で力抜けてたかな。
これも保護者代わりのレンジのおかげか。。
1年生は来年全少には出られないけど、3年生では地元大阪大会で全国再デビューできるので、
しっかり2年間、力を蓄えておいてほしい。

mion2 - コピー
初出場初勝利初入賞のミオン
不器用極まりない選手だが、できることをひたすらこだわるというスタイルで見事3位入賞。
まだまだ伸びしろしかないこの選手。2年後はどこまでいけるか。。

kensho2_20160727213911cb3.jpg
最後の全少となったキャプテンケンショー。
準決勝では完封で負けはしたものの、攻撃姿勢は見せることは出来た。
あとは練習での本人の意欲が出れば結果も変わってくるはずなのだが。。
3月の選抜で有終の復活優勝出来るよう奮起が望まれる。。

nishida_201607270223569c9.jpg
クラブからは西田おやじが3日間審判員としてしっかり勤め上げてきました。。
また、2日目は浜田さんもカテゴリー1の2期生としてクリニック受講されました。
またまた、3期生の試験も行われ新たなカテゴリー1審判員の仲間が誕生しました。
再来年の大阪開催で吹けるようにエンジョイからもあと数人は出てもらいたいですね。。

shugo_20160727022924be4.jpgshugo2.jpg
お疲れ様でした。
忌まわしい昨年度の全少の記憶を吹っ飛ばす、参加者・結果となりました。
結果はさておき、全国のマットで戦ったという経験は今後に必ず生きてきます。
出来たこと出来なかったこと。しっかり反省して来年の北九州、そして再来年の大阪に
むけて昨日の自分を超えていきましょう。

次の目標は9月のホームゲーム寝屋川大会。
目標をもってこの夏休みの練習を乗り切りましょう。

大会関係者の皆様。3日間すばらしい大会をありがとうございました。。


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。